【制作物】訪問はりきゅう上達ラボの全体像と、それを使った新規事業の可視化


こんにちは!可視化グラフィックライターのせきこです。

今回の可視カフェは、岡野さん(30代男性)の「訪問はりきゅう上達ラボの全体像と、それを使った新規事業の可視化」ということをお手伝いするため、事前アンケートを基に2時間お話しながら、そのお話の内容を目の前でイラストや図におこしていきました。

▼こんな感じ

1

岡野さんは、若手鍼灸師の育成を目的としたホームページ「訪問はりきゅう上達ラボ」を運営していらっしゃいます。

 

上の画像を見てお気づきの方はいらっしゃるでしょうか。

ちらっと見える「Mr.ハリック」の文字。気になりますよね~。

そう、訪問はりきゅう上達ラボでは「Mr.ハリック」というキャラクターが登場するんです。

Mr.ハリック…?そう思った方、そうでしょう。私も最初そう思いました。笑笑

 

あのサングラスでマジカルな名前の人を彷彿とさせるお名前…

キャッチフレーズは「ハンドパワー

……そう!鍼灸師!手を使う仕事だからですね!ハンドパワー!(大納得)

 

 

 

制作物ご紹介

というわけで早速、一対一でお話をしながらリアルタイムで、目の前で描き出していき、お話の具合にあわせて用紙を変えたり、くっつけたりしていきます。

ひたすら、聞く、描く、話す、描く、聞く、尋ねる、描く、描く、描く。

 

そうして、最終的に出来上がった今回のベストな1枚がこちら。

あおいちゃん、というのは訪問はりきゅう上達ラボさんが一番情報を届けたい相手のイメージに名前や属性、性格を細かく細かくつけたキャラクター。

そのあおいちゃんが、訪問はりきゅう上達ラボさんで必要な情報を受け取って、どう変わってもらいたいかの図が出来上がりました。

飲食店のスープストックが「秋野つゆ」というキャラクターを作ってお店づくりをしていたな、と思いだしたのでお話を聞きながら提案した所、岡野さんがノリノリで自分の中のイメージを伝えてくださったので、すんなり出来上がって大満足のイメージ図に!

(参考:スープストックの成功秘訣はこれ!共感をつくるお客様中心のペルソナマーケティング

 

お客様の声

訪問はりきゅう上達ラボの全体像と、それを使った新規事業の可視化をしたい、ということで可視カフェをお申し込みくださった岡野さんでしたが、今回実際に可視カフェを受けてみてどうだったでしょうか?

お話を伺ってみました。

せきこ
(1)本日はありがとうございました!今回、Mさんが可視カフェをご希望された目的は達成されましたか?

岡野さん
はい、全て達成されました。

せきこ
(2)ありがとうございます!出来あがった可視化グラフィックは、いかがでしたか?
岡野さん
そのままプレゼン資料として使える感じでした!非常に満足のいく形で、ビックリしました。

せきこ
(3)おおー!嬉しいです!チームの皆さんに早速共有します!のお言葉も嬉しかったです。ちなみに、今回お話しながらリアルタイムで可視化グラフィックをご一緒に作りましたが、その過程で、岡野さん自身で何か新しい気付きや得られたものはありましたか?

岡野さん
これからの取り組みの順序が見えて、はじめにアプローチしなきゃいけない意外なターゲットが明確になりました

せきこ
そうですね、訪問はりきゅう上達ラボさんが情報を届けたい相手に届けるために、まずはどういう層に向けて情報を発信するかがお話していて、スルスル~っとどんどん紐解けていったのを目の前で感じていました。あおいちゃんにも、きっと”ひびき”ますよ。最後に一言、なにかあればお願いいたします。 

岡野さん
もっと広めていきましょう!

 

▼訪問はりきゅう上達ラボさんが私の事をご紹介してくださっていたので、その内容も。

ありがとうございます!

 

皆さん、アラワシテますか?
世の中には【表す…】【現す…】【顕す…】様々な「アラワス」があるのですが、
今回、可視化グラフィティーライターのせきこさんに「訪問はりきゅう上達ラボ」をアラワス作業をして頂きました。
実施したのは「可視カフェ」というメニューで抽象的なものを【可視化】するというプログラム
雑談の様な感じで、私(Mr.ハリック)が話ながら、せきこさんが可視化
私(Mr.ハリック)は基本話してるだけ。せきこさんの素朴な疑問が、意外にも核心に迫っていたり…。
 今回の【可視カフェ】で、あおいちゃんに『訪問はりきゅう上達ラボ』の情報を届けてあおいちゃんが、鍼灸師として理想の状態を手に入れて欲しい!という想いが強く湧いてきました。そして、業界の中だけでなく社会において大きな存在になれる様な「渦」を作っていきたいと思います。

表す現す顕す…アラワス!せきこさんの可視カフェをやってみた結果→あおいちゃん爆誕‼︎ これはもう育てるしかない!/訪問はりきゅう上達ラボより引用)

 

岡野さんに可視カフェの価値をすごく感じていただけた実感があります。

そして「広めましょう!」のお言葉どおり、実は可視化グラフィックと、訪問はりきゅう上達ラボさんのコラボ企画も進行中なんです…。

詳細はComing soon…!お楽しみにー!!

 

可視カフェでできること

可視カフェでは、お客様の悩んでいる事にせきこが答えを出す、という事はしていません。ただひたすらお客様と対話し、その話の内容を目の前で、リアルタイムに描きだしていきます。

その中で可視カフェをきっかけに

①言葉にして表現すること

お話し中、お客様がせきこに伝えるために自分の考えを言葉にする過程で、それまではっきりと認識していなかった自分の考えを言葉にして表現することができる

②目の前に出来あがっていく可視化グラフィックを見ながら話すこと

自分の話の内容が目の前で、リアルタイムでまとめられたグラフィックになるので、それを見ながら話すことで自分の話を整理しながら考え、また話すことができる

③せきこから質問した事に答えていく

お話ししながらその途中、せきこからの質問に答えることで、自分の考えに新たな他者からの視点を入れることが出来る

といった行動を通して、お客様ご自身の新しい気づきが得られたり、自分の想いを形にする機会をご提供しています。

今回のお客様はモニターにお申し込みのため制作物やお写真のHP公開にご了承をいただいておりますが、公開がご希望でない場合(モニターにお申し込みされない場合)は、もちろん公開にしない事が可能です。

追加料金で、デジタルデータも作成可能です→可視化グラフィックおしながき

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA