最新情報はTwitterでお知らせしています

グラフィックレコーディング・ファシリテーショングラフィック制作の流れ

グラフィックレコーディングを制作する場合には、以下の事項についてのご確認やご準備をお願いいたします。

ご不明な点や不確定な事柄に関しましては、事前打ち合わせの際にご相談させていただきます。まずはお分かりの範囲で構いませんので内容や目的、ご予算についてお気軽にご連絡ください。

 

 

 

一対一の対話×グラフィックでの頭の棚卸しのサポート、可視カフェについてはこちらをご覧ください。

 

 

 

①会場について

  • 話し手の顔や投影スライド、会場の様子が見える位置、状況で制作させていただきます。
  • 参加者にグラフィックレコードが描かれていることが見える位置でリアルタイムで描いていることが伝わるよう制作いたします。

 

②グラフィックレコード制作環境について

基本的に以下の環境で制作しておりますが、その他の手法もご提案可能です。事前打ち合わせにてご相談ください。

  • 壁にマスキングテープで模造紙を貼って描く(壁の素材など事前にご確認ください)
  • ホワイトボード2~4枚に模造紙を貼って描く(機材はご準備ください)

また、描き終わったグラフィックレコードを掲示する場所についてもご確保をお願いいたします。

②備品について

ペンやテープ、画材はこちらで持参いたします。
模造紙やパネル、ホワイトボードについてはご準備をお願いいたします。

④開場前

  • 固有名詞の確認等のために、可能な場合は事前にスライドデータの共有をお願いいたします。
  • 登壇者やご関係者の皆様にご挨拶とグラフィックレコーディングのご案内をさせていただきます。
  • 開場前から、グラフィックの事前制作(タイトル等)をいたします。

⑤イベント中

  • 冒頭で参加者の皆さまにグラフィックレコーディングについてのご説明をいたしますので、お時間を5分程度いただきますようお願いいたします。
  • グラフィックレコーディングを用いて、参加者の皆さまに発話内容の要約をお話することも可能です。イベント中に一度内容の振り返りをすることで、その後の場の活性化に繋がるのでおすすめです。
  • 制作したグラフィックをイベント中にどう用いるか、イベント目的などを伺い個別にご提案させていただきます。
  • 登壇者に発表後グラフィックレコーディングを見ていただき、発話内容とグラフィックの内容に齟齬や誤りが無いかのご確認をしていただくお時間を設けていただいております。特にオフレコ情報などがある場合は必ずお時間をご用意ください。

⑥制作したグラフィックレコーディングについて

  • 制作したグラフィックレコーディングの公開、非公開について事前打ち合わせでお知らせください。
  • 公開の場合は本ホームページでも内容をご紹介させていただいております。会場の様子の写真についても使用の可否をお知らせください。

 

 

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしております。