【制作物】「過去が今にどう繋がっているか」の可視化


こんにちは!可視化グラフィックライターのせきこです。

今回の可視カフェのお客様は、東京の素敵なカフェ&お宿「シーナと一平」さんで、「番頭」をされているつよぽんさん(20代男性)。

そして可視カフェの目的は「自分のプロフィールと今後の目的の整理」ということ。

という訳で、つよぽんさんがイベントで自分のことを話したり、お宿のお客さんや新しく出会った人に自分の話をすっきり話ができるようになることをお手伝いするため、事前アンケートを基に「過去が今にどう繋がっているか」について2時間対話し、そのお話の内容を目の前でイラストや図におこしていきました。

▼こんな感じ

1

 

 

制作物ご紹介

お話しながら随時紙を入れ替えたり、追加したり。

そうして、最終的に出来上がった今回のベストな1枚がこちら。

 

 

お客様の声

自分のプロフィールと今後の目的の整理をしたい、ということで可視カフェをお申し込みくださったつよぽんさんでしたが、今回実際に可視カフェを受けてみてどうだったでしょうか?

お話を伺ってみました。

せきこ
(1)本日はありがとうございました!今回、つよぽんさんが可視カフェをご希望された目的は達成されましたか?

つよぽんさん
はい、ほぼ達成されましした!

せきこ
(2)ありがとうございます!出来あがった可視化グラフィックは、いかがでしたか?
つよぽんさん
ばっちり!そうそう!ってなります。

せきこ
(3)おおー!嬉しいです!「そうそう!」という言葉を聞くと、「良かった!相手の想いを相手が思ったように可視化できたなぁ…!」という気持ちになって嬉しい気分になります。

ちなみに、今回お話しながらリアルタイムで可視化グラフィックをご一緒に作りましたが、その過程で、つよぽんさん自身で何か新しい気付きや得られたものはありましたか?


つよぽんさん
何を大切にしていたのか「言葉」で見えたことで、頭の回路が繋がった感覚がありました!

せきこ
よかった!お話していてつよぽんさんが今大切にしているものと、今までの経験がそれぞれはっきりと繋がっていることが分かってきて。可視カフェ中、2人でそれを拾って繋げているという感触がありました。では、最後に一言、なにかあればお願いいたします。 

つよぽんさん
まさに頭の棚卸し!僕がいろいろ発見できたように、人それぞれ皆さんなりの発見があると思います!今後の活動応援してます!

ありがとうございます!

 

可視カフェでできること

可視カフェでは、お客様の悩んでいる事にせきこが答えを出す、という事はしていません。ただひたすらお客様と対話し、その話の内容を目の前で、リアルタイムに描きだしていきます。

その中で可視カフェをきっかけに

①言葉にして表現すること

お話し中、お客様がせきこに伝えるために自分の考えを言葉にする過程で、それまではっきりと認識していなかった自分の考えを言葉にして表現することができる

②目の前に出来あがっていく可視化グラフィックを見ながら話すこと

自分の話の内容が目の前で、リアルタイムでまとめられたグラフィックになるので、それを見ながら話すことで自分の話を整理しながら考え、また話すことができる

③せきこから質問した事に答えていく

お話ししながらその途中、せきこからの質問に答えることで、自分の考えに新たな他者からの視点を入れることが出来る

といった行動を通して、お客様ご自身の新しい気づきが得られたり、自分の想いを形にする機会をご提供しています。

今回のお客様はモニターにお申し込みのため制作物やお写真のHP公開にご了承をいただいておりますが、公開がご希望でない場合(モニターにお申し込みされない場合)は、もちろん公開にしない事が可能です。

追加料金で、デジタルデータも作成可能です→可視化グラフィックおしながき

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA