一目で分かる!おこそ会


概要

今回可視化させていただいたのは、鹿児島県の頴娃(えい)で活動されているNPO法人頴娃おこそ会(以下、頴娃おこそ会)の皆さまについて。

頴娃おこそ会は、地域の色々な分野の自営業者、農家、農協、市役所、議員など多岐に渡ったメンバーで構成されていて、また、官民・農商工の壁を越えた連携が図れていることから「地域総力戦のまちづくり」という特徴を持って活動しています。

また、この「地域総力戦のまちづくり」は総務省過疎地域自立活性化優良事例表彰「総務大臣賞」をはじめとした、数々の表彰を受けて高い評価を得ています。

そんな皆さまの活動のあゆみ、姿勢を一枚ずつで可視化させていただきました。

 

制作物はこちら

ei-ayumi-02


ei-arikata-30

PDFのダウンロードはこちらから

●頴娃おこそ会の歩み⇒ei-ayumi

●頴娃おこそ会が考えるまちづくりのかたち⇒ei-katachi

可視化グラフィック、どうでしたか?

今回の制作について、ご依頼いただいた頴娃おこそ会の観光プロジェクトリーダー、加藤さんに伺いました。

せきこ
(1)加藤さん、改めて、今回可視化グラフィックをご依頼いただいた理由は何だったのでしょうか?

加藤さん
他所でせきちゃんの作品を見て、おこそ会向けにもつくってほしい!と感じたためお願いしました。

また、おこそ会として視察にいらっしゃる方や講演時に配布する資料をより分かりやすく、かつ親しみやすいものにしたいとの元々のニーズがあったのも理由の一つです。

せきこ
(2)ありがとうございます!今回かなりじっくり時間をかけて加藤さんとお話をさせていただきましたが、可視化グラフィックをご一緒に作る過程で、何か気付きや得られたものはありましたか?

加藤さん
そうですね、せきちゃんからの鋭い質問にたじろぎながら、自身でなんとなく理解してはいるが明確ではなかったことを掘り下げ、
言葉や図解で示す作業に取り組んだことが新鮮で楽しかったです。

せきこ
(3)なるほど。そうして出来あがった可視化グラフィックでしたが、いかがでしたか?

加藤さん
素晴らしい出来映えです。Facebook上で公開した際の反響も大きく、
周囲からの可視化グラフィックに対する関心の高さとポテンシャルを感じました。

せきこ
ありがとうございます!最後に何かメッセージ等ありましたら、ぜひお聞かせください。

加藤さん
この度は本当にありがとうございました。
仕上がりには大満足です。私の中であいまいなままだったことを掘り下げるための、この過程こそが可視化の作業だったのだなと再認識した気がします。
おこそ会の活動についてはまだまだ伝えたいことがたくさんありますので、さらなる発展版の制作にも協力頂けたら嬉しいです。

 

加藤さん、素敵な可視化グラフィックを描かせていただきましてありがとうございました!
ぜひ発展版の制作もよろしくお願いいたします。

今回の可視化グラフィックが今後の頴娃おこそ会のご活躍にお役立ていただけたら幸いです。

 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA