5、6月のお仕事レポート

こんにちは!アラワスの関@sekimihokoです。

一対一の視覚化の可視カフェや、グラフィックレコーディングをお仕事にしている個人事業主です。
基本的に東京に暮らしながら、月1くらいで地元の鹿児島にも帰っています。

▼詳しくはこちら。
プロフィール

梅雨で毎日雨模様。
低気圧と湿気とズボンの裾が水たまりでべしょべしょになるのは苦手ですが、家の屋根に雨粒が落ちる音を聴きながら読書するのは好きなので、そう考えたりするとこの時期もなかなか良いかもしれないと思う最近です。

そんな私の近況あれこれをお知らせします。

5、6月のお仕事概要

①可視カフェ


・鹿児島で2件
・東京で4件

一対一で2時間、リアルタイムの視覚化で頭の整理をサポートしている可視カフェ。
東京でも実施を始めました。

「これから起業するんだけど、それぞれのサービスに共通する核が、あるんだけど上手く言語化できなくって。」
「転職の面接を控えているんだけど、自分の強みを具体的に説得力を持って伝えたいんです。」
「いままでやってきたことが、今にどう繋がっているか。なんかあるんだけど、なんなんだろうって。」

5、6月のご依頼テーマはこんな内容でした。
ご依頼者様のお話を隣でリアルタイムで視覚化することで「そうそう!これこれ!!」と納得感を持てる思考の一時セーブポイントを見つけることをお手伝いしています。
2時間じっくりお話を伺いながら、隣でずっと描いているので制作物としてはA4コピー用紙6〜10枚くらい。

私の軸、原点の可視カフェ。

これからたくさん実施していきたいです。
ご依頼お待ちしてまーす!!!

▼詳しくはこちら
可視カフェ

②グラフィックレコーディング(ファシリテーショングラフィック)

・住宅メーカー様の経営計画策定ミーティング
・製薬会社様の患者や医師へのヒアリングワークショップ
・ホテルのペルソナ設定に向けた現状分析、今後の戦略ワークショップ
・金融系の企業様の社内カンファレンス
・NIKKEI×COMEMO「AI時代に生きる僕たちを幸せにするビジネスとは?」
・認知症に関するヒアリングワークショップ
・鹿児島SDGsスタートアップフォーラム

元地域おこし協力隊だったこともあって、3月まで暮らしていた鹿児島では地域づくり系のワークショップやミーティングにお呼びいただくことが多かったのですが、4月に東京に越してきて最近は企業のミーティングやワークショップで描かせていただくことが増えてきました。

③イラスト

・インターネットラジオのWEBサイトカバーイラスト、アイキャッチ

▶︎しみてつ×ながやん妄想ラジオ

・noteアイキャッチ

▶︎永山由高@Ten-Labさんのnote

④イラストサマリー(要約)

・オンラインコミュニティのグラフィックかわら版

▶︎コミナスかわら版2019.6後半号

▶︎コミナスかわら版2019.6前半号

⑤その他のお仕事

・ZOOM会議での画面共有グラフィックレコーディング

・ビジュアリゼーション マウンテン クエスト (VMQ2019)~それぞれの視点からビジュアリゼーションの山の地図を描く探求の会~
運営のお手伝い
▶︎ビジュアリゼーション マウンテン クエスト(Peatix)

・コワーキングスペーススタッフ(週2日程度)

麻布十番にあるセッションスペースBIRTHLABのディレクターとして業務委託で勤めています。
▶︎BIRTHLAB

【おまけ】日々のあれこれ

まずは都会に慣れることから…!ということでゆるゆると始めた東京暮らし。
少しずつ慣れてきて、この初夏は人生初のさくらんぼ狩りに行ったり、

人生初、運動靴以外の目的でオシャレスニーカーデビューしたり

ビルを見上げすぎて盛大に転んだり

パーソナルカラー診断と骨格診断を受けたり

タピオカにはまったり

そんな感じで、元気に暮らしています。
7月も良い月になりますように。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA