フリーランスとしての幅広い活動のなかの「優先順位」を考える/可視カフェ

ビジュアルインタビューサービス「可視カフェ」は、2016年から実施している関 美穂子のライフワークです。

一対一で2時間、目の前で内容を描き出しながら、じっくりお話することで
頭の整理をサポートします。

可視カフェ

今回の可視カフェのお客様は、「色と食」という視点から活動されている、フード&カラーコンサルタントの金谷麻紀子さん。

企業とタイアップしたメニュー開発や商品プロデュース、食についての個人カウンセリング、パーソナルカラー診断など幅広い活動をされている、金谷さんから「今から自分が取り組みたいことの優先順位づけ」を、可視カフェで視覚的に整理したいとご連絡をいただきました。

実際に描いたものが、こちら

2時間お話しして、頭のなかのごちゃごちゃしたイメージや言葉を目の前でどんどんイラストや図におこして可視化していきます。

お話しながら話題ごとに紙を入れ替えたり、追加したり。
途中には自分で文字で書きおこす時間も作って、頭のなかのぐちゃぐちゃを出して、整理して、構造化。

「そうそう!これこれ!!」という納得の一枚が出来たところで、ちょうど2時間半の時間が終わりました。
こちらはその一部です。

そうして、最終的に出来上がった今回のベストな1枚がこちら。

この「もやもや」が、それぞれ具体的にどういう「もやもや」なのかを、さらに描いていきました。

お客様の声

今から自分が取り組みたいことの優先順位づけをしたい、ということで可視カフェをお申し込みくださったMさんでしたが、今回実際に可視カフェを受けてみてどうだったでしょうか?

お話を伺ってみました。

せき
(1)本日はありがとうございました!今回、Mさんが可視カフェをご希望された目的は達成されましたか?

Mさん
はい、ほぼ達成されましした!

せき
(2)ありがとうございます!出来あがった可視化グラフィックは、いかがでしたか?

金谷さん
モヤっとしていた事が整理され、自分の事なのに、なるほど!こう考えていたんだと納得でした。

せき
(3)おおー!嬉しいです!自分のことなのに、とおっしゃいましたが「自分のことだからこそ」という事もありますよね。私が「それってどういうことですか?」「具体的にはどんなイメージですか?」と、より詳しくグラフィックを描くために色々質問をして、Mさんがそれを答えたり、悩んだりして。そうしてまた話をすすめるという対話を重ねる過程で見えてくる新しい自分に気づいてくださる感触を、可視カフェをしていて感じました。

ちなみに、今回お話しながらリアルタイムで可視化グラフィックをご一緒に作りましたが、その過程で、金谷さん自身で何か新しい気付きや得られたものはありましたか?

金谷さん
私は0か100で考えるクセがあることに気づかせていただきました。

せき
ああ!そのお話、途中で出てきましたね。AとB、どっちにしようか迷っている話で、それぞれのイメージを描いてみると「これは必ずしもどちらか片方、という選択でな無いのかも?」という新しい発見がありましたね。では、最後に一言、なにかあればお願いいたします。 

金谷さん
自分ではずっと整理できずにいたものを、2時間で整理して可視化してしまう技術に感動でした!終わった時には、フル回転した頭がパンパンでした(笑)お願いして本当に良かったです。ありがとうございました!

ありがとうございます!

可視カフェの実施について

今回のお客様はモニターにお申し込みのため、制作物やお写真のHP公開にご了承をいただいておりますが、基本的に非公開で実施しています。

アラワスでは、プロジェクトや場の目的の達成サポートのための、リアルタイムの視覚化をご提供しています。

「こんなこと頼めますか?」
「まだプロジェクト化していないんだけど、早めに相談しておきたい」

ご相談、お見積り依頼のほか、カジュアルなお話もお待ちしています。
お気軽にご連絡ください。