サービスService

描くうえで大切にしていること

「接続詞が見えるような、構造的な視覚化」を大切にしています。
対話や議論の内容を視覚的に表現することは、 言葉を端的に抜粋する「要約(summarize)」です。
話し手の意図を尊重しつつ、その場の目的も大切にしながら、どの言葉を抜き出し、どう文脈を繋ぎ、話の内容を意味づけていくか。星と星を、どう線で繋ぎ、星座に見立てていくか。枠をつくることの力強さにも、時には危うさにも向き合いつつ、いち聞き手として「今の話は、私にはこう聞こえた」という主観をフィードバックすることで、対話や議論が前に進むサポートする役割を担います。

視覚化のなかでも、リアルタイム性のあるファシリテーショングラフィックやグラフィックレコーディングを得意領域です。お問い合わせの際に、ご依頼の内容や目的をうかがい「どんな視覚化が、目的達成に必要か?」を確認いたします。

Feature特長

リアルタイムの制作が得意

フリーランス歴7年。
200件を越える一対一の視覚化の経験で培った「その場で文脈を捉える力」「表現の精度・スピード」に自信があります。

場の設計から当日の実施まで

単発から長期まで柔軟に参画可能。
視覚化を活かした場の設計のご提案から、当日の参加まで対応します。

ビジネスの場の経験が豊富

せっかくの視覚化が、単なる賑やかしとならないために。
手段として利用できる「意味のある」視覚化のご提案を行います。

Serviceサービス

ビジュアルファシリテーション / グラフィックレコーディング

主に企業の会議、行政のイベント、自治会や非営利団体の話し合いの場などで、グラフィックレコーディングの制作を含めたビジュアルファシリテーションの実施を行っています。

数多くの経験から、アラワスでは
・その場でリアルタイムで描く
・場を進めるために必要なことを視覚化する
・描いていて見えたことを、第三者の立場からフィードバックする
ことを大切にグラフィックレコーディングを行い、議論の活性化をサポートします。

可視カフェ

一対一でお客様と話し、目の前で描いて「見える化」するサービスです。

カフェでおしゃべりするようにくつろいだ雰囲気のなか、
視覚的に頭の中を紙に落としていくことで、言葉や概念だけではなく、お客様のアイデアや感情をグラフィックで表現し、新たな視点を生み出します。

Works実績

描きながら対話し、話し手の思考を整理し引き出す

2016年から実施している、アラワス(関 美穂子)のライフワークです。

一対一で2時間、目の前で内容を描き出しながら、じっくりお話することで
頭の整理をサポートします。

節目ごと、1年おきなどの「自分の思考の定点観測」としても好評です。

言葉を引き出す場に、グラフィックによるコミュニケーションで伴走する

話の把握や整理、言語化のサポート、記事での挿絵としての利用などができ、
「一粒で3度おいしい」と好評です。

議論や対話の土台となる

「そのグラフィック見てて、思ったんだけど…」
「なんだか話しやすい雰囲気 ! 」
「欠席の人にも、これを見せて説明したい」

話の内容や雰囲気をグラフィックでフィードバックすることで、発想や整理を促します。
その場で制作し、会議やワークショップ中の必要なタイミングまでに仕上げます。

場の価値を残して広げる

・議論や対話、プレゼンテーションの共通理解の土台として
・あとから録画を見返したくなるビジュアルサマリーとして

その場で、リアルタイムで制作するので参加者の印象にも残ります。

オンラインのお打ち合わせで、目の前で一緒にラフを制作します。
考えや想いを掬い上げ、伝えたいエッセンスをイメージにのせます。

※基本的にその他メニューをご依頼いただいた方向けの、オプションメニューです。

(装丁やポスターなどに使用するための精緻なイラストは、イラストレーターへのご依頼をオススメします)