経営の原理原則の「価値観」を引き出すインタビューでのグラフィックレコーディング同席/谷川クリーニング「価値観カード」制作プロジェクト(EnFlow株式会社)

「人は生まれながら善良で自律的である」という人に対する信頼をベースとして、役職の区分のない自律型経営をしている谷川クリーニングさん。
その経営の原理原則は、大切にしている価値観だそうです。

そんな大切にしている価値観を、一緒に働く社員や関係者に、出来るだけ伝えたい形で伝えるための「価値観カード」の制作を行いました。

アラワスこと関美穂子は、経営者へのインタビューに同席。
取材の場での言葉を引き出し、話題を整理するグラフィックレコーディングや、その後の文脈や熱量を反映したイラストを制作しました。

制作イラスト(一部)

「関係性」を大切にする

  • タニクリにおいて大切にしている原理原則
  • 人は一人で生きているわけではなく、自分以外のあらゆるモノとの関係の中で生きている
  • 一人一人が豊かな人生を送る上で、どこにいっても人に 喜ばれ、選ばれる人になってほしい

ありのままの自分を表現する

  • 「演じている自分」だと、褒められても本当に満たされないし、良いフィードバックも受け取ることができない
  • 良いことも悪いことも、全部が「他人事」になってしまう
  • 長所や短所も全部含めて、本当の自分とつながり、ありのままの自分を表現することから始まる

関係の中で気付く

  • 幸せや喜びを自分だけで感じるのは難しい
  • 「誰か」が喜んでくれるから、自分自身も喜びを感じる
  • 誰かとの関係の中で、その人の表情の変化、感情の動き、関わり方の変化などが、鏡のように自分のことを教えてくれる

仕事を通じて好循環を生む

  • 「喜ばれる」「選ばれる」ような考え方、振る舞い方は、他人との関係の中で初めて気付く
  • 仕事は関係性の中で成り立っているので、気付くきっかけが多い
  • お客様や同僚など、色んな人と関わることで、互いに気付き合える好循環が生まれる
谷川クリーニング:関係性を全ての起点にした組織運営/

アラワスでは、プロジェクトや場の目的の達成サポートのための、リアルタイムの視覚化をご提供しています。

「こんなこと頼めますか?」
「まだプロジェクト化していないんだけど、早めに相談しておきたい」

ご相談、お見積り依頼のほか、カジュアルなお話もお待ちしています。
お気軽にご連絡ください。