会社の歩みをふり返るインタビュー/創業20周年企画note(株式会社スウィングマン)

今年創業20周年を迎える、イベント制作会社の株式会社スウィングマンさん。

節目に立ち止まり、来し方をふりかえり行く末を考える「会社の歩みをふり返る企画」が実施されました。
アラワス(関美穂子)は、創業社長である秋月さんにグラフィックレコーディングを制作しながらインタビューを実施しました。

私の35年が「絵」で白いキャンバスに埋められていく。
「手書き」である。
時代に逆らっている。

これまで自分の人生を振り返ったことはなかった。

多くの素敵な人たちに出会い、多くの体験をさせてもらい、多くのことを学んだということが目の前で 「手書きの絵」になっていく。
関さんの巧みなリードもあり言葉がスルスル湧いて出てくる。

あっという間の2時間だった。
そして、私の35年が「一枚の絵」になった。
どの シーン も私にとっては決して忘れることのできない出来事である。

そして思った。

これからの残りの人生も 「グラフィックレコーディング」で、  関さんにちゃんとした 「手書きの絵」 を描いてもらえるような人生にしなければいけないなと。

さあ、素敵な旅を続けよう。

スウィングマンの歩み|創業20周年企画|株式会社スウィングマン

アラワスでは、プロジェクトや場の目的の達成サポートのための、リアルタイムの視覚化をご提供しています。

「こんなこと頼めますか?」
「まだプロジェクト化していないんだけど、早めに相談しておきたい」

ご相談、お見積り依頼のほか、カジュアルなお話もお待ちしています。
お気軽にご連絡ください。