キャリアの振り返りと今後に向けた展望の整理/可視カフェ

ビジュアルインタビューサービス「可視カフェ」は、2016年から実施している関 美穂子のライフワークです。

一対一で2時間、目の前で内容を描き出しながら、じっくりお話することで
頭の整理をサポートします。

可視カフェ<span class=”en”>Kashicafe</span>

今回の可視カフェのお客様は、地域のネットワークづくりの支援に携わるKさん。
キャリアの振り返りと、今後への展望」を、可視カフェで視覚的に整理したいとお申し込みをいただきました。

実際に描いたものが、こちら

2時間お話しして、頭のなかのイメージや言葉を目の前でどんどんイラストや図におこして可視化していきます。

お話しながら話題ごとに紙を入れ替えたり、追加したり。
「そうそう ! これこれ ! ! 」という納得の一枚が出来たところで、2時間が終わりました。

お客様の声

キャリアの振り返りをしたい、ということで可視カフェをお申し込みくださったKさんでしたが、今回実際に可視カフェを受けてみてどうだったでしょうか?

お話を伺ってみました。

せき
せき

今回はご依頼ありがとうございました !

まずはざっくりと感想を。

本日の可視カフェはいかがでしたか?

Kさん
Kさん

とても良かったです !

2時間たっぷり時間があって、関さんがとってもお話しやすい方だったので、これまでの自分の思いや今の考えを洗いざらい話せて、すごくスッキリしました。

Kさん
Kさん

特に関さんに後半に描いてくれた「こういう感じかなと思いました」というイメージ絵やフィードバックが「まさに ! 」という感じで、自分の腹にストンと落ちました。

自分でも気づけなかった自分の今の状況にも気づくことができて、潜在的な自分を自覚できたような感覚です。

せき
せき

それはよかったです。
イメージ図はまさに ! でしたね。

実は私もその時、「きっとこれが今日のハイライトでは ! 」と思いながら、山や星といった例えのモチーフを見立てていました。

お話しながら内容が目の前で視覚化される、という体験はいかがでしたか?

Kさん
Kさん

描いてくれたグラフィックを見れば、あの時に関さんとどんな話をして、どんな気づきがあったのか、今回の情景がフィルムのように脳内再生されます。

今回のグラフィックを思い出したり見るだけで、脳内で動画が再生されるという、グラフィック化の素晴らしさを体感することが出来ました。

関さんが言っていた、「可視カフェはゲームの一時セーブポイント」という言い方がとてもしっくり来ました。 セーブしたことをいつでもロードも出来るアイテムですね。

せき
せき

そうなんです ! よかった〜 !

きっと便利なアイテムになりますので、ぜひこれからも使ってください。

2時間と長めの時間でしたが、お話されてみてどうだったでしょうか。

Kさん
Kさん

関さんとお話しているのがシンプルに楽しかったです。
ずっと私の言葉を待って寄り添ってくれていたので、「全部話せた ! 」という気持ちになれました。

いつもなら「もっとこう話せばよかった」「ここ話忘れた」と後で反省するのですが、それが無かったのが、自分でも驚きでした。

せき
せき

そうだったんですね ! 全部話せてスッキリ、よかったです。
では最後に一言お願いします !

Kさん
Kさん

可視カフェを通じて、これまでの振り返りと、これからについてじっくり考えることが出来て、今までの人生を自分で肯定的に捉えることができ、これからやるべきこともはっきりしてきて「明日から頑張ろう ! 」とワクワクすることができました。

帰り道で、「こんなことも話したいな~」「あんなことも描いてもらいたいな~」と、もうリピートしたいテーマを考えていました。

またよろしくお長いします !

ありがとうございました !

可視カフェの実施について

今回のお客様は制作物やお写真のHP公開にご了承をいただいておりますが、基本的に非公開で実施しています。

可視カフェの詳細、お問い合わせはこちらからどうぞ !
zoomを使ってオンラインでも実施しています。

可視カフェ<span class=”en”>Kashicafe</span>

「こんなこと頼めますか?」
「まだプロジェクト化していないんだけど、早めに相談しておきたい」

アラワスでは、プロジェクトや場の目的の達成サポートのための、リアルタイムの視覚化をご提供しています。

ご相談、お見積り依頼のほか、カジュアルなお話もお待ちしています。
お気軽にご連絡ください。